7月例会のご案内


2013年7月28日(日)       
長岡京市総合交流センター 3階特別展示室


「どんな関わりしてますか?」
〜視覚障害児の家族の役割を見つめる〜


 我が子の目が見えない・見えにくい…。家族にとっても、本人にとっても戸惑いと手探りの日々。子どもにとって一番身近な家族の関わりはどうあればいいのでしょうか?また、家族の周囲にいる人たちにできることはどんなことなのでしょうか?
 今回は長年にわたって視覚障害乳幼児に関わってこられ、家族へのトータル的な支援にも精力的に取り組んでこられた京都ライトハウス「あいあい教室」の高橋所長にお話を伺います。乳幼児と関わる上で大切なことは何か、その後成長していく我が子とどんな風に向き合えばいいのか、家族は障害をどうとらえればいいか…そうしたことを考えるヒントが見つかるのではないでしょうか。また高橋所長のお話に先立ち、既に成人した2名の視覚障害者から、自身の親子関係についての体験を話していただく予定です。コミュニケーションが希薄になりつつある今だからこそ「子どもとの関わり」について皆さんと一緒に考えていければ幸いです。
 視覚障害当事者やご家族のみならず、多くの方々の積極的なご参加をお待ちしております。

日時 2013年7月28日(日)13:30〜17:00
内容 1.視覚障害者からの報告「今思う〜自身の親子関係を見つめて〜」
  報告者:山本宗平氏(大阪府立春日丘高等学校教諭)他1名(調整中)
   2.講演:どんな関わりしてますか?
  〜視覚障害児の家族の役割を見つめる〜
  講師:高橋弥生氏(【社福】京都ライトハウスあいあい教室所長)
場所 長岡京市総合交流センター 3階特別展示室
  電話―050-7105-8500
交通 JR京都線「長岡京駅」下車、西口より徒歩2分
阪急「長岡天神駅」より阪急バス10分「JR長岡京駅前」下車すぐ。
参加費 大人―500円、学生―300円、高校生以下―無料
☆終了後懇親会を予定しています。時間の都合のつく方は是非ご参加ください!(実費)

●手引きの必要な方、託児が必要な方は、1週間前までにご相談下さい。
ご連絡先: info@motomeru.sakura.ne.jp



<講師:高橋弥生さんプロフィール>

大学時代は東京で過ごす。
渋谷区立の保育園で6年間勤務。
1980年〜 京都ライトハウス あいあい教室 勤務
1996年   あいあい教室 所長就任
現在に至る。



戻る