地域の学校で学ぶ視覚障害児(者)の点字教科書等の保障を求める会会則




第1章 総則

 第1条 (名称と所在地)
      本会は地域の学校で学ぶ視覚障害児(者)の点字教科書等の保障を求める会
(略称「求める会」)と いい事務所を代表の指定する者の自宅内におく。
 第2条 (会員)         
      本会は次の者で構成する。
      1.地域の学校で学ぶ視覚障害児(者)
      2.1の者の家族(広く親族等を含む)
      3.1の者が学ぶ地域の学校(卒業した学校を含む)の教員及び関係者
      4.本会の目的に賛同する視覚障害児(者)
      5.その他本会の目的に賛同する者
      6. 4及び5の者以外の賛助会員
 第3条 (目的)
      本会は、地域で学ぶ視覚障害児(者)に対する以下のものの保障を求めること
を目的とし、あわせて健常者と同等の学校生活の実現のために努力する。
      1.教科書、副教材、備品、器材、などの点字保障
      2.受験、入学試験などの点字保障              
      3.歩行訓練
      4.学校における教員の加配
      5.その他視覚障害児(者)が地域の学校で学ぶために必要とする一切のもの。
      ただし、本会は盲学校などの専門学校への就学を排除・否定するものではない。
 第4条 (業務)
      本会は前条の目的を達成するため次の業務を行う。
      1.地域の学校における点字教科書等の保障についての維持改善に関すること
      2.教育啓蒙、文化教養及び福利厚生に関すること
      3.調査、研修、宣伝、及び機関紙発行に関すること
      4.本会の整備強化に関すること
      5.本会と目的を同じくする、他団体との協力に関すること
      6.その他目的達成に必要なこと

第2章 機関

 第5条 (機関)
     本会に次の機関を置く。
      1.総会
      2.例会
      3.役員会
 第6条 (招集)
      1.総会は年1回行うこととし、代表が招集する。
      2.例会は年3回程度行うこととし、代表が招集する。
      3.役員会は適宜行うこととし、代表が招集する。
 第7条 (総会)
      1.次の事項は総会で報告決定する。
      (1)活動経過
      (2)活動方針
      (3)会計報告、会計監査報告
      (4)役員の選出、信任又は不信任
      (5)会則の制定、改廃
      (7)改会、合併、解散
      2.総会の運営は役員会が行う。
      3.総会では講師を招き講演を行うことが出来ることとする。
      4.総会は賛助会員以外の会員で構成する。賛助会員は総会で議決権を有しな
いが、オブザーバーとして参加することを妨げない。
 第8条 (例会)
      1.例会では活動の中間報告及び意見交換などを行う。
      2.例会の運営は役員会が行う。
      3.例会では講師を招き講演を行うことが出来ることとする。
      4.例会は全会員で構成する。
 第9条 (役員会)
      1. 役員会は、総会の決議に従って会の業務を執行し、その執行したすべての業
務 について総会に報告し、責任を負う。
      2. 第7条第1項の決議事項以外に決定すべき事項が発生した場合は役員会で
決定する。
      3.役員会は会計監査委員を除く役員で構成する。

第3章 役員

 第10条 (役員)
      本会に次の役員を置く。
      1. 代表        1名
      2. 副代表     若干名
      3. 事務局員    若干名
      4. 会計監査委員  若干名
 第11条 (任務)
      役員は、次の任務を有する。
      1.代表は、会を代表し会の業務を総括する。
        役員会の分担任免をする。
      2.副代表は、代表を補佐し、代表に事故あるときはその職務を代行する。
      3.事務局員は会の業務を分担処理する。
      4.会計監査委員は、会財産及び会計収支を監査し総会に報告する。
 第12条  (任期)
      1.役員は第7条1項4号に基づき選出する。
      2.役員の任期は1年とし、総会において改選する。ただし再任を妨げない。
      3. 役員は任期が終了しても後任が就任するまでは業務を遂行しなければならない。

第4章 加入、脱退

 第13条 会への加入、会からの脱退は、自由とし、届出書の提出は要しない。

第5章 会計

 第14条 (収入)
      本会の経費は会費、総会参加費、例会参加費、寄付金その他の収入をもって行う。
 第15条 (会計年度)
      本会の会計年度は、毎年1月1日より翌年12月31日までとする。
 第16条 (会費等)
     1. 賛助会員以外の会員の会費は、年間1人1,000円とし適宜の方法により徴
       収する。
     2. 総会参加費及び例会参加費は、参加者より、高校生以下の者は1人300円、
       その他の者は1人500円を徴収する。
     3. 賛助会員の会費は、年間1人1口1,000円で1口以上とし適宜の方法によ
       り徴収する。
     4. なお、通信費は会費の中に含まれるものとする。
 第17条 (支出)
     1. 総会及び例会において講師の依頼を行った場合は、若干の謝礼を行うことを
       出来ることとし、金額は役員会で決定する。
      2.その他支出全般については、役員会で決定することとする。

(附則)
 第1条  この会則に定めのない事項は、役員会で決定する。
 第2条 この会則は、平成9年11月2日の成文化により効力を発する。
 第3条 平成10年11月1日に開始する会計年度は、平成10年11月1日から平成11年
    12月31日までとする。
 第4条  この会則は、平成12年1月1日から効力を発する。

ホーム 求める会とは 私たちの活動  求める会ニュース 図書紹介 リンク あんな声こんな声  Q&Aコーナー こどもサミット わくどき21 わくドキ22